【経済】瀕死の新聞業界 朝日新聞が832万部から658万部、毎日新聞が396万部から309万部と、大きく部数を下げる★2

1 :2017/11/02(木) 20:10:38.59 ID:CAP_USER9.net

http://biz-journal.jp/2017/11/post_21179.html

 一般に、新聞の部数減が止まらない、といわれている。2001年上半期と16年上半期の新聞販売データを比べてみると、読売新聞が1,028万部から901万部、朝日新聞が832万部から658万部、毎日新聞が396万部から309万部と、大きく部数を下げている。一般には、この事態をもって「新聞離れ」が進んでいると論じられている。

 だが、ほかに日本経済新聞(306万部から273万部)、産経新聞(201万部から157万部)を加えた全国紙は、主として関東圏と関西圏でよく読まれているにすぎない。東京にいる人は、地方では地元の新聞がよく読まれていることに、なかなか気づかない。
部数の下がる地方紙、下がらない地方紙

 地方紙・ブロック紙のなかにも、部数の下がっていない新聞と大きく下げている新聞がある。たとえば北海道新聞は123万部から103万部、広島県の中国新聞は73万部から55万部と大きく下げている。新潟日報は49万部から44万部へと減っている。

 だが、そんな状況のなかでも部数を落としていない新聞がある。群馬県の上毛新聞は30万部のまま、栃木県の下野新聞は31万部から30万部、山梨県の山梨日日新聞は20万部から変わらず、長野県の信濃毎日新聞も47万部のままである。とくに山梨県は2001年に88万人程度だった人口が、現在では82万人へと大きく減っているにもかかわらず、新聞の部数減が起こっていない。

 地方紙の場合、部数減の要因には地方の人口が減少するというものがある。11年の東日本大震災で、福島県の福島民報や福島民友新聞は大きく部数を落とした。県外に避難した人が多かったからだ。もちろんこれは極端な事例だが、人口が減り、人が都会に流出するようになると、地方の新聞は部数を減らすのが当然だ。

 だが、それでも生き残っている地方紙がある。こういった地域では、「新聞離れ」が起こっていないのだ。

(略)

2017/11/02(木) 18:14:21.67
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509614061/

720 :2017/11/02(木) 21:42:13.39 ID:aqMIeK6M0.net
772 :2017/11/02(木) 21:48:38.49 ID:TrDNw7nc0.net
940 :2017/11/02(木) 22:12:55.73 ID:W683V6220.net
182 :2017/11/02(木) 20:33:01.94 ID:R224JXIO0.net
332 :2017/11/02(木) 20:47:19.84 ID:sgLfbh1d0.net
179 :2017/11/02(木) 20:32:50.70 ID:hHhN0M390.net
203 :2017/11/02(木) 20:35:06.80 ID:LKajXTWq0.net
88 :2017/11/02(木) 20:23:17.29 ID:wnmK7Y6+0.net
616 :2017/11/02(木) 21:26:22.45 ID:fcIOrQyu0.net
82 :2017/11/02(木) 20:22:47.30 ID:uiHEfAKc0.net
258 :2017/11/02(木) 20:40:03.12 ID:2Pm3LbCm0.net
983 :2017/11/02(木) 22:18:16.43 ID:5LvTeeGz0.net
674 :2017/11/02(木) 21:35:19.44 ID:/GBa0z0L0.net
94 :2017/11/02(木) 20:24:35.45 ID:BAiREdO/0.net
180 :2017/11/02(木) 20:32:52.58 ID:Dq8t9YPz0.net
511 :2017/11/02(木) 21:11:17.52 ID:0tClm68l0.net
514 :2017/11/02(木) 21:11:28.88 ID:HLuWrdwE0.net
588 :2017/11/02(木) 21:22:59.81 ID:Ayo4GVgM0.net
806 :2017/11/02(木) 21:55:03.28 ID:u3/4sSpR0.net
224 :2017/11/02(木) 20:37:34.13 ID:3vxxt8cd0.net